9月 25, 2021 18:51 Asia/Tokyo
  • 北朝鮮のキム・ジョンウン総書記と中国共産党の習近平国家主席
    北朝鮮のキム・ジョンウン総書記と中国共産党の習近平国家主席

北朝鮮のキム・ジョンウン総書記が、共に「敵対勢力」に立ち向かったとして中国共産党の習近平国家主席に感謝のメッセージを伝えました。

北朝鮮の朝鮮中央通信が報じたところによりますと、「キム総書記はメッセージの中で、敵対勢力からの悪意のある挑戦や障害を克服すると同時に、社会主義を守り、賛美する共同闘争において朝中両国の同志的な団結と協力が着実に強化されていることを非常に喜ばしく思うと述べている」ということです。

キム総書記はさらに、北朝鮮と中国の「伝統的な」友好関係が引き続き発展し、「無敵の生命力を発揮する」との自信を示しています。

一方でこれよりも前、米国務省のプライス報道官は、「米国は北朝鮮に対して如何なる敵意も抱いておらず、同国に対してはハイレベルでの連携実施に関する提案について、前向きな回答を示すよう期待する」としたほか、引き続き対話と外交を通して朝鮮半島の非核化を実現することが最も望ましいと指摘しました。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

タグ