9月 25, 2021 20:24 Asia/Tokyo

アメリカの圧力によりカナダで拘束されていた中国・通信機器大手ファーウェイの孟晩舟副会長兼最高財務責任者(CFO)が、釈放されました。またこの直後、中国で拘束されていたカナダ人2人の釈放も発表されました。

イルナー通信によりますと、ファーウェイの孟晩舟副会長は2018年12月、米当局の要請により、アメリカの違法な対イラン制裁の迂回と詐欺の疑いでカナダで拘束されました。孟氏は24日金曜釈放され、中国へ向かいました。

米ウォール・ストリート・ジャーナル紙によると、アメリカは孟氏との司法取引に合意し、同国への身柄引き渡しなく中国への帰国が認められました。同紙は合意の詳細については触れていません。

一方、カナダのトルドー首相は24日夜に会見を開き、中国で拘束されていたカナダ人2人が出国したことを明らかにしました。25日早朝にカナダへ到着する見込みです。

釈放されたのはカナダの企業家マイケル・スパバ氏と元外交官のマイケル・コブリグ氏で、2人は2018年12月に中国で逮捕されました。

孟氏の訴追以降、アメリカは公式に身柄引き渡しをカナダに要請していました。中国政府は米およびカナダをこの問題を政治化するとして非難していました。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

タグ