10月 18, 2021 20:52 Asia/Tokyo
  • 宇宙船の試験
    宇宙船の試験

中国外務省が、同国による極超音速ミサイルの実験関連の報道を否定し、去る7月に行ったのは宇宙船の試験だったと主張しました。

ロイター通信が18日月曜、北京から報じたところによりますと、 中国外務省は18日月曜、同国が極超音速ミサイルの実験を行ったとする、英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)の報道を否定し、ミサイルではなく、7月に宇宙船の試験を行ったと主張しています。

同省の報道官は定例会見で「ミサイルではない。宇宙船だ」と発言し、宇宙船の再利用技術を検証するための「日常的な試験だ」と語りました。

また、再利用技術の検証は重要であり「人類が平和的に宇宙を往復する便利で安価な手段」を提供できるとし、多くの企業が同じような実験を行っていると述べています。

フィナンシャル・タイムズ紙は、「中国は今年8月、核弾頭を搭載できる極超音速ミサイルの実験を行い、その技術に米情報機関が驚きを示した」と報じていました。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

タグ