10月 20, 2021 20:31 Asia/Tokyo
  • 原子力潜水艦
    原子力潜水艦

中国国防省が、インド・太平洋地域の公海上で発生した原子力潜水艦事故に関して隠蔽工作を行うアメリカを厳しく批判しました。

中国国防省の譚克非報道官は19日火曜、「アメリカは、責任ある行動を取りたいなら、この事件に関して透明・可視化する義務と責任がある」と述べています。

また、「アメリカのこのような行動により、地域の安全保障や海上安全が脅かされ、地域的な緊張に拍車がかかっている」としました。

そしてアメリカに対し、中国国境付近での偵察・哨戒活動の停止および、今回の事件に関する速やかな釈明を求めています。

西側メディアは先週、南シナ海の国際海域でアメリカのシーウルフ級攻撃型原子力潜水艦が潜航中に何らかの物体に衝突した、と報じていました。

アメリカ太平洋艦隊は声明を発表し、シーウルフ級攻撃型原子力潜水艦「コネティカット」が今月2日午後、「インド太平洋地域の公海上」を航行中、何らかの物体に衝突したことを明らかにしています。

米軍はまた、この事故により乗組員11人が負傷したことを明らかにするとともに、原潜「コネティカット」の原子炉などは正常に稼働しており損傷を受けていない、と説明しています。

この声明では、今回の事故発生場所については触れられていませんが、NOAA米海洋大気庁は発生場所を南シナ海だとしています。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

タグ