10月 25, 2021 18:37 Asia/Tokyo
  • 中国軍
    中国軍

今後5年以内に中国が台湾に侵攻する可能性について、特にメディアなどで様々な報道がなされる一方、英ロンドン大学東洋アフリカ研究学院のスティーブ・ツァン教授が、侵攻した場合のリスクについて評価しました。

ツァン教授は、「中国には台湾へ侵攻し、台湾政府の救援に訪れる米部隊と戦うための軍事力が不足しており、今のところ、そのような作戦を実行するための十分に大規模な空挺部隊がない」と語っています。

またツァン氏は「台湾が自ら中国との紛争を挑発しなければ、中国が侵攻した場合には米国からの救援到着に期待することができる」と述べました。

中国の台湾侵攻の可能性については、「切迫している」および「優先順位は低い」など、メディアの間で様々な報道がなされています。

バイデン米大統領は今月22日、台湾が中国から攻撃をされた場合、米国として台湾を防衛する用意があると表明した一方で、中国との冷戦は望んでいないことを明らかにしています。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

タグ