11月 27, 2021 21:55 Asia/Tokyo
  • 中国外務省の趙立堅報道官
    中国外務省の趙立堅報道官

中国外務省の趙立堅報道官が、アメリカ式民主主義は失敗した民主主義だとし、もはや他国にとっての模範にはなりえないとしました。

ロイター通信によりますと、趙立堅報道官は「他国にアメリカ式民主主義モデルへの追従を強いることは、彼らを邪道に逸脱させるだけである」と述べています。

また、「アメリカ式民主主義は模範的モデルなどではなく、連邦議会襲撃事件がその神話の信頼性を失わせたように、失敗した民主主義である」としました。

さらに、「アメリカ式民主主義の輸出は失敗したプロジェクトである」と述べ、「アメリカ式民主主義はアフガニスタンの状況を改善できず、アメリカ軍の不名誉な撤退と10万人以上のアフガン人の死を招いた」と語っています。

そして、「民主主義を達成する唯一の方法というものはなく、他国にアメリカ式民主主義への追従を強いることは、彼らを邪道へと逸脱させるだけだ」と述べました。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

タグ