11月 28, 2021 20:10 Asia/Tokyo

アフガニスタン・タリバン暫定政権のアホンド首相代行が、同国でのアメリカの20年間の行いを批判しました。

IRIB通信によりますと、アホンド氏は27日土曜、アフガニスタン国営テレビで放送された同氏初の音声メッセージの中で、「過去20年間のアメリカの行いは、アフガニスタンを爆撃し、刑務所を増やし、政情不安をもたらしただけだった」と述べました。

そして、アフガニスタンの凍結資産がアメリカによって解除されれば、同国の経済問題はいくばくか解消されるとしました。

アホンド氏はまた、「アフガニスタンの占領はいまや終わり、イスラムに基づいた体制と治安が確立している」とし、「タリバン現政権は包括的な政権であり、前政権はアメリカに追従していた」と主張しました。

同氏は、「全国民が教育を受けられる下地が整えられ、特に女性をはじめとする国民の権利は保護される。女性の教育もイスラムの範囲内で確保される」と強調しました。

また、各国に対して、タリバン政権が他国の内政に干渉することはないと確約しました。

米軍は20年間におよぶアフガニスタン占領と経済インフラの破壊を経て、今年8月末、敗北と屈辱にまみれて撤退しました。タリバンは、同月15日から同国の政権を掌握しています。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

タグ