12月 01, 2021 20:41 Asia/Tokyo

中国外務省の汪文斌副報道局長が、台湾と中国をめぐる安倍元首相の発言に抗議しました。

汪文斌副報道局長は、1日水曜の記者会見で、台湾の民間シンクタンク主催のフォーラムで、安倍元首相が台湾に軍事的圧力を強める中国を強くけん制したことについて、「強烈な不満と断固たる反対」を表明しました。

また、この件について外交ルートを通じて厳正な申し入れを行ったことを明らかにするとともに、安倍氏の発言を「公然とでたらめを言った」と批判しています。

さらに、「台湾は中国の神聖な領土だ。中国人民のボトムラインに挑戦すれば、必ず頭を割られて血を流すだろう」として警告しました。 

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

タグ