12月 05, 2021 21:21 Asia/Tokyo
  • 中国とアメリカの国旗
    中国とアメリカの国旗

中国外務省のサイトが、アメリカでの民主主義に関する最新レポートにおいて、「わが国は、アメリカが民主主義体制を改善する中で、他国との折衝方法も変更することを望んでいる」と表明しました。

中国の英字新聞チャイナ・デイリーは「米国の民主主義政権」と題された報告の中で、米国における民主主義の非効率性と乱用、およびそのような民主主義の危険性に関する専門家の見解に言及しています。

この報告はまた、「民主主義は、すべての人間の共通の価値観の1つとされており、数カ国のみに限らず、すべての国の不可侵の権利と見なされている」としています。

中国外務省はさらに、「民主主義にはさまざまな形態があり、1つの形での民主主義を唯一のモデルとして提示することはできない。それは、そうすることは完全に非民主的であるからだ」としました。

そして、「米国の民主主義は衰退し、その民主主義の本質からますます逸脱・乖離してきている」とし、「アメリカの民主主義の病原は、根本的な問題に満ちたシステム、民主主義の動揺した訓練、そしてこの民主主義を全世界に輸出することの壊滅的な結果の3つの観点から検討することができる」としています。

この報告書は、今月9日と10日に台湾と他の100か国の参加により開催予定のアメリカ主導の民主主義関連会合への招待後に発表されました。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

タグ