1月 15, 2022 15:33 Asia/Tokyo

アフガニスタンでは現在、2200万人以上が食糧の不足に陥る危機的状況に直面しています。

AP通信によりますと、アフガニスタンでは新型コロナウイルスの感染拡大や干ばつに加えて、支援が足りないことにより、急激なインフレや食糧品の不足が起きています。

WFP・世界食糧計画の幹部、メアリー・エレン・マクグロアーティ(Mary-Ellen McGroarty)氏は、「今年アフガニスタンは最低限の食糧を確保するため44億ドルを必要としている」と述べています。

ユニセフ・国連児童基金のアフガニスタン代表部は以前、同国の1400万人近くの子供たちが飢餓に苦しんでおり、そのうち500万人が激しい飢えに直面していると明らかにしていました。

この報道によれば、アフガニスタンの各家庭は食糧を確保するために懸命に努力していますが、同国の経済危機により状況はますます悪化しています。

この人道・経済危機は、アメリカがおよそ100億ドルのアフガニスタン中央銀行資産を凍結したことで、状況がより悪化しています。

 


ラジオ日本語のソーシャルメディアもご覧ください。

Instagram    Twitter    urmediem


 

タグ