1月 22, 2022 21:48 Asia/Tokyo
  • 中国の張軍国連大使
    中国の張軍国連大使

中国が、国連での米による反中行動を意味のないものとして批判しました。

中国の張軍国連大使は、「アメリカは中国をけん制することを国連での自らの主な功績や義務だとしているが、この行動は、まったく非論理的で意味のないものだ」としました。

同大使はまた、「世界の平和や発展における中国の役割および、国連への支持や、他国への支援は、全ての人々が知るところであり、わが国が追求しているのは、独占ではなくウィンーウィンの協力関係であり、敵対的行動や傲慢さではなく平等であり、一部の優遇ではなく包括性であり、対立ではなく平和共存である」と語りました。

 


ラジオ日本語のソーシャルメディアもご覧ください。

Instagram    Twitter    urmediem


 

タグ