May 26, 2022 16:25 Asia/Tokyo
  • 中国の習近平国家主席とバチェレ国連人権高等弁務官
    中国の習近平国家主席とバチェレ国連人権高等弁務官

中国の習近平国家主席が、バチェレ国連人権高等弁務官とのオンライン会談で、人権分野における中国の行動を正当なものとして擁護しました。

中国国営中央テレビCCTVによりますと、習国家主席は25日水曜、バチェレ高等弁務官とのオンライン会談で、「長期的・恒常的な努力により、中国は人権発展の方向路線に到達し、現代世界の潮流に適応できており、それは自らの国情に即したものだ」と述べています。

また、「我々には、他国に指図する『教師』は必要ない」としました。

そして、「中国は、国の実情に合う人権の発展の道を歩んできた。中国国民の人権はかつてないほど守られている」と述べ、「人権を政治問題化し、それを口実に他国の内政に干渉してはならない」とけん制しました。

報道各社によりますと、バチェレ氏は今月23日から6日間の日程で中国を訪れており、新疆ウイグル自治区を訪問する予定です。

アメリカとイギリスはバチェレ氏の中国訪問に関して、人権状況を完全に把握するために必要なアクセスが認められない、とする組織的な批判により、この訪問の政治化をもくろんでいます。

これに対し、中国も米英を人権侵害のかどで批判しています。

 


ラジオ日本語のソーシャルメディアもご覧ください。

Instagram    Twitter    urmediem


 

タグ