6月 26, 2022 19:43 Asia/Tokyo

イラクのカディミ首相が、高等政治・経済使節団を率いて、イラン政府高官と会談するためテヘランを訪れました。

IRIB通信によりますと、今回のカディミ首相の訪問では、イラン・イラク間の貿易・通商問題、2020年1月にイラクで起きた、イラン革命防衛隊ソレイマーニー司令官およびイラク民兵組織のムハンディス副司令官のテロ暗殺事件の追跡調査、シリア・イラク・イラン・レバノン間の物流回廊の完成をはじめとする経済・政治協力などについて話し合われるものとみられます。

カディミ首相にとっては、今回が3回目のイラン訪問となります。また、昨年のイラン大統領選挙でライースィー氏が当選した後、初めてイランを訪問した外国首脳でもあります。

 


ラジオ日本語のソーシャルメディアもご覧ください。

Instagram    Twitter    urmediem


 

タグ