6月 30, 2022 14:00 Asia/Tokyo

第6回カスピ海沿岸諸国首脳会合の傍ら、イラン・ロシア首脳会談が行われました。

第6回カスピ海沿岸諸国首脳会合はイラン、ロシア、アゼルバイジャン、カザフスタン、トルクメニスタンの5カ国の参加により29日水曜、トルクメニスタン首都アシカバードにて開催されています。

イルナー通信によりますと、ライースィー・イラン大統領は今回の会合に参加したほか、プーチン・ロシア大統領およびアリエフ・アゼルバイジャン大統領、そして開催国トルクメニスタンのベルディムハメドフ大統領と会談しました。

ライースィー大統領は今回の会合の演説で、カスピ海を平和および友好の海とみなしていること、そして相互の利益と尊重に基づく全面的な協力に向けた自らの用意を表明しています。

また、「わが国は自らの持つ適切なインフラや地政学的な位置づけを活用して、ペルシャ湾やオマーン海をはじめとした自国領を経由した、カスピ海沿岸諸国とそのほかの地域の連絡およびトランジット輸送の分野での可能性を整える用意がある」と語りました。

なお、カスピ海沿岸諸国の首脳らはこの会合の終了声明において、カスピ海に地域外諸国の武装軍を駐留させないことを改めて強調しています。

さらに、各参加国メンバーは、次回のこの会合をイランで開催することで合意しました。

 


ラジオ日本語のソーシャルメディアもご覧ください。

Instagram    Twitter    urmediem


 

タグ