7月 02, 2022 16:01 Asia/Tokyo
  • トルクメン族の両面シルク絨毯
    トルクメン族の両面シルク絨毯

イラン北東部・北ホラーサーン州ドゥイドゥフ村の両面シルク絨毯は、同州のユニークな手工芸品の一つとなっています。

この両面シルク絨毯には、最高の芸術と細やかさが盛りこまれ、技法、パターン、構成、色彩の面でほかにはない特徴を有しています。

トルクメン人が住んでいるドゥイドゥフ村は、北ホラーサーン州のトルクメニスタンとの国境地帯に位置するラーズおよびジャルギャーン郡内に位置しており、両面シルク絨毯の生産の長い歴史を持っています。

なお、この村の手作り絨毯の一部の図柄はユネスコ世界無形遺産に登録されています。

トルクメン族の両面シルク絨毯
作業中の様子
トルクメン人女性
シルク糸
トルクメンの両面シルク絨毯
トルクメン人の暮らしの一こま
織り上がったじゅうたんを手に
トルクメンの両面シルク絨毯
独特の風俗習慣を持つトルクメン人

 

 


ラジオ日本語のソーシャルメディアもご覧ください。

Instagram    Twitter    urmediem


 

タグ