7月 03, 2022 17:06 Asia/Tokyo

先日テヘランにて逝去した、山村邦子さん(イラン名;サバー・バーバーイー)の葬儀に、イランイスラム革命最高指導者ハーメネイー師事務所代表として、アブートラービーファルド師が参列しました。

対イラク戦争で殉教したモハンマド・バーバーイー氏の日本人の母である山村邦子さんは1日金曜、テヘラン市内の病院で死去しました。

山村さんはしばらく前から、呼吸器系の疾患により、病院に入院していました。

山村さんは若年期にイスラムと出会い、敬虔な1人のイラン人青年と結婚した後に、神道からシーア派イスラム教に入信し、イスラム名にサバー・バーバーイーという名を選びました。

またイスラム革命勝利直後や対イラク戦争時代には、イスラム革命を防衛する舞台に参加し、この革命の道に息子を捧げました。

IRIB通信によりますと、テヘランで挙行された山村さんの葬儀にて、ハーメネイー師事務所の代表者であるアブートラービーファルド師が参列し、山村さんの遺族らに最高指導者からの弔意を伝えています。

さらに、イランのライースィー大統領をはじめ、ガーリーバーフ国会議長も個別にメッセージを発信し、聖なる防衛戦での殉教者の母である山村さんの逝去に弔意を表しました。

 


ラジオ日本語のソーシャルメディアもご覧ください。

Instagram    Twitter    urmediem


 

タグ