7月 05, 2022 19:13 Asia/Tokyo
  • 米農業界が密入国者に労働を強制
    米農業界が密入国者に労働を強制

ベネズエラが、越境耕作のためにイランへ100万ヘクタールの農地を提供しました。

ベネズエラのマドゥロ大統領は最近のイラン訪問において、同国の高官らと会談して二国間協力の拡大について意見を交わしました。

IRIB通信によりますと、 イラン越境耕作協会のレズヴァーニーザーデ副代表は、ベネズエラが穀倉地帯になりうるとして、同国が越境耕作のために、イランへ100万ヘクタールの農地を提供したと述べました。

続けて、「我々は、イランとベネズエラの間に築かれた良好な政治的関係を、国や世界の食料安全保障確立のために活用すべきである」としました。

そして、「ベネズエラは、トウモロコシや大豆などの戦略的作物の栽培に適している」と指摘しました。

 


ラジオ日本語のソーシャルメディアもご覧ください。

Instagram    Twitter    urmediem


 

タグ