7月 07, 2022 01:39 Asia/Tokyo

アミールアブドッラーヒヤーン・イラン外相が、カタール外相との共同記者会見で、「カタール協議はアメリカから経済的保証を得ることが目的であり、核合意を超えた要求は一切なかった」と語りました。

アミールアブドッラーヒヤーン外相は6日水曜、カタールのムハンマド・ビン・アブドルラフマン・アール・サーニ外相と共同記者会見し、「カタール首都ドーハで、我々は、核合意の中のイラン経済の利益に影響を与える要素のすべてにおいて、アメリカ側から効果的な保証を取り付ける問題をめぐり協議したが、アメリカ側はこれに関してイランに確約ができなかった」と述べています。

一方、アル・サーニ外相も「イランとペルシャ湾岸諸国の間で開催される協議は、プラスの結果をもたらす可能性がある。そして、地域諸国間の盛んな交流関係は諸国民の利益となりうる」としました。

 


ラジオ日本語のソーシャルメディアもご覧ください。

Instagram    Twitter    urmediem


 

タグ