7月 19, 2022 15:21 Asia/Tokyo
  • 米ドル
    米ドル

ロシア大統領府のペスコフ報道官が、「わが国はイランと共に、次第に米ドルによる取引を停止する」としました。

ロシア大統領府のペスコフ報道官

 

ファールス通信によりますと、ペスコフ報道官は18日月曜、プーチン・ロシア大統領のイラン訪問について、「イランとロシアは、西側の制裁による影響を最小限に抑えるための協力に向け、高い能力を有している」と語りました。

また、シリア危機の解決プロセスは、(イラン、ロシア、トルコの)3者協議枠内でのプーチン大統領の今回のイラン訪問の主要課題である、と述べました。

また、今年の最初の4ヶ月間でのイランとロシアの貿易額は、31%増加した、としています。

イランとロシアは、特に経済、軍事、安全保障分野、またアメリカの一極主義への対抗といった地域・国際課題において共通の戦略的利益を有しています。このことは、近年の両国の接近の主要因となっています。

2001年に3月にはイランとロシアの間で、「二国間関係と協力原則に関する基本協定」という20ヵ年協定が結ばれており、現在両国は特に経済分野における新たな合意を目指しています。

 


ラジオ日本語のソーシャルメディアもご覧ください。

Instagram    Twitter    urmediem


 

タグ