8月 10, 2022 20:13 Asia/Tokyo

イランのハーンドゥーズィー経済・財務大臣は、イランからの輸出率がここ数ヶ月で、22%増加したと発表しました。

国際通信イラン・プレスによりますと、イランのハーンドゥーズィー経済・財務大臣は10日水曜、記者団に、「ここ数ヶ月のイランの輸出率の増加は、付加価値の増加も伴い、国により多くの歳入をもたらしている」と述べました。

また、「政府の計画提出により、今後数か月で、インフレも抑制されるだろう」としました。

ハーンドゥーズィー氏は、「ここ4ヶ月でイランからの貨物輸送が40%増加し、経済的活性化をもたらしている」と付け加えました。

同氏は、「イランの各港湾で長く留まっていた商品も減少しており、そのうち昨年から溜まっていた約100万トンの商品が通関された」と主張しました。

なお、イルナー通信によりますと、イラン税関のラティーフィー報道官は、「ここ11ヶ月間で、イランと他諸国の間で、金額ベースで1018億2千万ドル、重量ベースで1億5149万6千トンの商品がやり取りされており、前年同期間に比べ、31%増加した」と述べました。

 


ラジオ日本語のソーシャルメディアもご覧ください。

Instagram    Twitter    urmediem


 

タグ