8月 13, 2022 15:00 Asia/Tokyo
  • イラン外交戦略評議会のアラーグチー書記
    イラン外交戦略評議会のアラーグチー書記

イラン外交戦略評議会のアラーグチー書記が、「現場および外交における我が国の地域政策は、自身に安全と権威をもたらしている」と述べました。

イランは、シリアおよびイラクの各政府の要請により、タクフィール派やIISISなどのテロリストと戦うこれらの国々に顧問というかたちで支援を行ってきました。両国は最終的に、イランの顧問・助言や抵抗勢力の協力により、これらのテロリストに対して勝利を収めました。

イスナー通信が12日金曜、報じたところによりますと、駐日イラン大使も歴任したアラーグチー書記はツイッターにおいて、「現場および外交におけるイランの地域政策は、自国に安全と権威をもたらしている。ISISの犯罪者らとの戦いでイランの安全のために命を捧げた司令官や兵士は、恒久的な誇りの源とされる」としました。

 


ラジオ日本語のソーシャルメディアもご覧ください。

Instagram    Twitter    urmediem


 

タグ