9月 22, 2022 19:32 Asia/Tokyo

バーゲリー・イラン合同参謀本部議長が、同国および中国とロシアが参加しての海上合同軍事演習が実施されることを明らかにしました。

22日木曜、イラン・イラク戦争(通称:聖なる防衛)開戦42周年記念パレード式典が、テヘラン南部のホメイニー師廟近隣やその他各都市で、政府高官や軍幹部・司令官らの参加により実施されました。

22日はイラン暦シャフリーヴァル月31日にあたり、イラン・イラク戦争の開戦日でもあるとともに、イランでは「聖なる防衛週間」の初日とされています。

バーゲリー議長は、テヘランで行われた同記念週間の開始にあたる軍事パレードの傍ら、国際通信イランプレスの取材に答え、この秋にインド洋北部にてイラン、中国、ロシアの参加による海上合同軍事演習が実施されることを明らかにし、この演習にパキスタンやオマーン、そのほかの複数国が参加する可能性があるとしました。

 


ラジオ日本語のソーシャルメディアもご覧ください。

Instagram     Twitter     Youtube     urmediem


 

タグ