9月 29, 2022 16:08 Asia/Tokyo
  • オウジー・イラン石油大臣と西村経済産業大
    オウジー・イラン石油大臣と西村経済産業大

オウジー・イラン石油大臣が、同省として日本企業と協力する準備が整っているとし、「わが国は日本が必要とするエネルギーの供給において重要な役割を果たすことができる」と述べました。

イルナー通信によりますと、オウジー大臣は28日水曜、東京で西村経済産業大臣と会談し、「日本企業はイランで非常に評判がよく、イラン国民は日本人に対し特別な敬意を払っている」と述べています。

また、「わが国は日本が必要とするエネルギー確保に重要な役割を果たせる」とし、「一方的かつ圧政的な米の制裁によって引き起こされた、経済協力レベルの低さ、そして前例のない落ち込みは両国にふさわしくない」としました。

さらに、「制裁下でも数量最適化や研修の分野で、イランと日本の協力の可能性がある」とし、「上級幹部から職員レベルまで、日本企業がイランと協力できる可能性は非常に高い」と語っています。

そして、第13期イラン政権における国内外の企業との 1000 億ドル相当の契約および覚書の調印に言及し、「イラン石油省は、核合意を待つことなく、外国の関係者との最初の交渉を開始しており、これは良好に進展している」と述べました。

一方、西村大臣もこの会談で日本・イランの良好な関係および、イランが高度の文明・文化的な経歴を有していることに触れ、「イランは地域や世界における重要国であり、日本は対イラン関係の強化に関してを持っている」としています。

そして、日本がイラン南部アーザーデガーン油田開発プロジェクトから撤退したことに遺憾の意を示し、「日本政府は常に核合意を支持してきており、この合意の復活を目指す交渉が可及的速やかに成果に至り、日本として特に石油・天然ガス分野での対イラン協力を再開できるよう希望する」と語りました。

タグ