10月 03, 2022 17:48 Asia/Tokyo
  • イランのライースィー大統領
    イランのライースィー大統領

イランのライースィー大統領が、「敵はわが国が発展の道を進んでいることに腹を立てている」としました。

ライースィー大統領は2日日曜、閣僚会議にて、経済を初めとする各分野での現政権の成果に触れ、「敵は今日、イランの発展や同国民の福祉と平穏を阻止するために全力をあげている」と語っています。

また、国内の最近の暴動で陰謀を企てた因子や敵の工作を捻挫させたイラン国民に感謝の意を表明し、「政府は、昼夜を問わぬ奉仕によって、敵の悪しき目的達成を捻挫させようと決心している」と述べました。

ここ数日間、イラン国内の一部都市では、クルド系女性マフサー・アミーニーさんの死亡を理由に、暴徒らがイラン革命に反対するメディアの煽動により、街頭に繰り出し公共物を破壊しました。

こうした一連の攻撃的な行動の形成とその暴動への発展には、外国から誘導されている一部のSNSが大きく関与していました。

 


ラジオ日本語のソーシャルメディアもご覧ください。

Instagram     Twitter     urmediem


タグ