2016年08月18日20時24分
  • ロシア国防省、アメリカにイラン決議を再確認するよう勧告

ロシア国防省が、イランにおけるロシアの爆撃機の駐留はおそらく安保理決議の違反だとしたアメリカの利己的な発言に対して、「アメリカはこの決議を再確認した方がよい」と述べました。

ロシアのタス通信によりますと、ロシア国防省は17日水曜、シリアのテロリストへの攻撃のために、イランにロシアの戦闘機が駐留していることを非難したアメリカ国務省の利己的な立場に対して、「アメリカは安保理決議2231を再確認した方がよい」と述べました。

ロシア国防省の報道官はこれに関して、「アメリカ政府関係者に対して、国際法に関する情報をアップデートすることを勧める」と述べました。

これに関して、イランのシャムハーニー国家安全保障最高評議会書記は16日火曜夕方、ロシアがイランの軍事基地を使用しているとする一部の報道に反応し、「シリアにおけるテロ対策に向けたイランとロシアの協力は、戦略的なものだ」と述べました。

タグ

コメント