2月 15, 2020 05:15 Asia/Tokyo

イスラム暦ジョマーディオッサーニー月20日にあたる15日土曜は、イスラムの預言者の娘でシーア派初代イマーム・アリーの妻のファーティマの生誕日にあたり、イランでは祝祭が催されています。

ファーティマは父である預言者ムハンマドの導きにより、最も高い完全性と知識、美徳を手に入れた女性です。

また、イマーム・アリーの妻として、温かい家庭の中で、妻として、母としての義務を最高の形で果たし、2代目イマーム・ハサン、3代目イマーム・ホサインといった偉人を育て上げました。

ファーティマはあらゆる側面で世界の女性の模範とされており、ファーティマの生誕日は、イランでは女性の日、あるいは母の日とされています。

このため、特に北東部マシュハドのシーア派8代目イマーム・レザーの聖廟など、イラン各地の宗教施設では、祝祭が行われています。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

 

タグ

コメント