4月 27, 2017 17:24 Asia/Tokyo
  • テロリストの攻撃によるイラン国境警備隊の殉教者数が10名に増加

イラン南東部スィースターン・バルーチェスターン州にある国境都市ミールジャーヴェのテロリストの攻撃で、殉教した人の数が10名に達しました。

メフル通信によりますと、26日水曜夜、イランとパキスタンの国境で、国境警備隊員が巡回していたところをテロリストに攻撃され、10人が殉教、1名が重傷を負いました。

なお、今回のテロ攻撃についてはテロ組織ジェイショルゾルム(ジェイショルアドル)が犯行を認めています。

イラン警察隊の報道官は26日夜、パキスタン領内からイランの国境警備隊員に対する攻撃が行われたとし、「このテロ攻撃の責任はパキスタン政府にある」と強調しました。

現在、イランの国境警備隊とイスラム革命防衛隊が、今回の事件について捜査中です。

近年、スィースターン・バルーチェスターン州の国境地帯では、武装グループの傭兵によるパキスタン領内からの攻撃で、イラン国民や国境警備隊員が殉教しています。

タグ