2017年11月28日17時51分
  • イラン海運会社のサイーディー取締役
    イラン海運会社のサイーディー取締役

イラン海運会社のサイーディー取締役が、「イランは、外国企業にとって、地域で様々な分野での投資に最も適した国である」と語りました。

IRIB通信によりますと、サイーディー取締役は、イタリア・ローマで開催された、「イランでの投資・経済機会を紹介する」会合において、「イランは、シルクロードに位置する国の1つとして、鉄道などの陸路や海路を通じてCIS・独立国家共同体やヨーロッパの国々を中国と結びつけるという、戦略的に重要な役割を果たしている」と述べています。

また、「イランは、天然ガスや石油、鉱物などの様々な天然資源や、そのほかの産業に恵まれている」とし、「イランは、中東で第2の経済国であり、2016年におけるイランの国内総生産は4120億ドルだった」としました。

さらに、「イランの銀行システムは、国際的な基準に見事に合致している」とし、「近い将来、イランと主要なヨーロッパ諸国の銀行間の関係が改善されるだろう」と語っています。

イランとイタリア

イランでの投資・経済面機会を紹介する会合は、イランとイタリアの政治・経済界の要人やイタリアの投資家・実業家数十人の出席により、ローマで開催されました。

この会合では、イタリアの民間部門がイラン市場への大規模な進出や投資に向けた意向を表明しています。

タグ

コメント