2019年11月20日18時38分
  • ハーンサール市の秋の美景
    ハーンサール市の秋の美景

ハーンサール市は、イラン中部イスファハーン州にあります。

ハーンサール市の歴史は、イスラム以前にさかのぼります。ティール山にヒーカルという名の寺院や、ティールという名の拝火教寺院の廃墟が存在し、また中世ペルシャ語であるパフラヴィー語により刻まれた墓石が残っています。

ハーンサールという地名は、ペルシャ語で泉のある土地を意味し、この地域に泉がたくさん存在することからこの名がつきました。これらの泉の存在により、ハーンサールはこの上ない自然を有しており、イランにおける庭園都市の完全な模範といえるでしょう。

 

ハーンサール市の自然
ハーンサール市の秋の美景
ハーンサール市内の湧き水
ハーンサール市内の街路樹
ハーンサール市内

 

ハーンサールの秋の美景
ハーンサール市内
ハーンサール市内
秋のハーンサール市
ハーンサール市の美景
ハーンサール市の美景
ハーンサール市の美景
ハーンサール市の美景
ハーンサール市の美景
ハーンサール市の美景
ハーンサール市の美景

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://www.youtube.com

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

 https://soundcloud.com/user-614960283 

タグ

コメント