1月 24, 2020 05:30 Asia/Tokyo
  •   絨毯職人の女性
      絨毯職人の女性

イランの絨毯産業は、イラン国民の芸術と創造性、集団的な努力の融合であり、彼らの国民的な文化を具現しています。

イラン最古の手織りの絨毯はパジリク絨毯として知られており、1949年にロシアの考古学者セルゲイ・ルデンコがアルタイ山脈バジリスク渓谷にあるスキタイ王族古墳を発掘中、発見されました。

今日、中部カーシャーン、イスファハーン、南東部ケルマーン、テヘラン南方ゴム、北西部タブリーズ、北東部マシュハド、トルクメンサラーなどを初めとするイランの多くの都市や地域において、また一部の民族によりきめ細やかで価値ある絨毯が製造されています。

これらの絨毯は配色とともにデザインや図柄が美しいことから、イラン本来のこの芸術の数多くのファンを惹きつけています。

 絹糸による滑らかさ

 

  絨毯職人の女性たち

 

 

             世界最古のパジリク絨毯

                 イラン製絨毯

                イラン製絨毯

            絨毯の材料となる色鮮やかな糸の数々

              絨毯の材料となる糸

             絨毯職人の女性

               コム製絨毯

 

           イラン製の手織りの絨毯

                  イラン製の手織りの絨毯               

                  イラン製絨毯

           イラン製の絨毯に表現される芸術と文化

               色彩のマジック

               絹糸が織り成すきめの細やかさ

 絹糸による滑らかさ
 

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://www.youtube.com

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

 https://soundcloud.com/user-614960283

タグ

コメント