4月 01, 2020 05:48 Asia/Tokyo
  • 夜のハラーナク村
    夜のハラーナク村

イラン中部ヤズド市から85キロ離れた、アルダカーン行政区にハラーナク村という村が存在します。

この村はかつて、太陽の発祥地を意味するホラーナクと呼ばれていました。このには、4500年とも言われる悠久の歴史を誇る城砦があります。

 

日出づるところを意味するホラーナクに由来するハラーナク村

 

ハラーナク城砦は、2,3階あるいはそれ以上の階のある家屋を有する、世界の数ある城砦の1つであり、泥と日干し煉瓦でできた展示場のようになっています。

さらに、この村の名所旧跡として、揺れるミナレット、隊商宿、橋、公共浴場、風車などが挙げられます。

 

複数階の家屋を有する、世界でも珍しいハラーナク城砦

 

特に、この村の観光名所である橋は、特定のシーズンにその上や下から水を通す目的で建設されています。この橋は、水を移送するための橋としては最も古い部類に属し、また建築様式の点でもほかに例を見ないもので、ローマ様式、サーサーン朝様式で建築されています。使用されている資材は、石とモルタルです。

 

4500年の歴史を誇るハラーナク城砦

 

この橋の長さは40メートルで、川の水面からの高さは7.5メートル以上あります。この橋の目的は、橋の上を経由してカナートの水を川の片側からもう一方へと移送することにありますが、これは、ハラーナク・カナートが川のこちら側にあり、畑や庭園は対岸に存在するためです。

 

ハラーナク橋
ハラーナク橋
ハラーナク橋
ハラーナク橋
ハラーナク橋
ハラーナク村の「揺れるミナレット」
複数階の家屋が存在する城砦としては世界でも稀有
上空から撮影したハラーナク村

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://www.youtube.com

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

 https://soundcloud.com/user-614960283

タグ

コメント