May 20, 2018 15:58 Asia/Tokyo
  • イランのローハーニー大統領
    イランのローハーニー大統領

イランのローハーニー大統領が、「イランを核合意から即時に離脱させようとするアメリカの計画は失敗した」と語っています。

イルナー通信によりますと、ローハーニー大統領は、19日土曜夜、テヘランで、女性や若者、大学生と会談し、「イランは悪意を抱く者たちに対する抵抗や外交政策において、成功してきた」と語りました。

また、「アメリカは、自分たちが核合意から離脱した後ただちに、イランも核合意から離脱し、イランの問題をすぐに国連安保理に付託して、すべての決議や制裁を復活させ、イランを世界で孤立させようと考えていたが、そのような陰謀は失敗した」としました。

さらに、世界は今日、アメリカのトランプ大統領による核合意からの離脱を、世界の平和や安全に反する非合法で誤った行動とみなしており、それはイランの成功だとしました。

トランプ大統領は、今月8日、イランに対して根拠のない主張を繰り返し、アメリカの核合意からの離脱と、2段階による核関連の対イラン制裁の復活を発表しました。

このトランプ大統領の行動は、国内外から大きな非難を浴びました。

核合意の締結国であるイギリス、フランス、ロシア、中国、ドイツ、EUは、この国際合意を支持するとしています。

タグ