9月 26, 2020 22:35 Asia/Tokyo
  • ジェンハー峡谷
    ジェンハー峡谷

イラン東部に位置するタバス市内から35キロ離れたところに、ジェンハー峡谷(魔の精の峡谷)があります。

 ジェンハー峡谷は、ペルシャ語で魔の精たち(ジェンハー)が存在する峡谷を意味します。この峡谷は、数千年もの長い年月をかけて、大地の侵食や洪水などの影響により形成されたものです。この峡谷にはまた、いくつものトンネルがあるほか、岸壁の中に「昔のゾロアスター教徒の家々」と呼ばれる、数多くの窪みが存在し、これもまた峡谷の見所の1つとなっています。これらのトンネルや岩壁の中に掘られた何本もの通路は、おそらくサーサーン朝時代(西暦226年~651年)に掘られたものとされています。この峡谷一帯は、周辺の荒野や砂漠とは全く異なる別世界であり、豊富な水も存在します。

     タバス行政区の美しい観光地域の1つ・ジェンハー峡谷

                 ジェンハー峡谷

         この峡谷には、場所によってV字谷やU字谷などが見られる

          ジェンハー峡谷がかもし出す絶景

.

     地元民の間では、魔の精や幽霊がすむ恐ろしい場所とされているジェンハー渓谷

        周囲の砂漠とは正反対に、清水にあふれたジェンハー峡谷

            ジェンハー峡谷の美景

      峡谷内のトンネルや通路が掘られたのはサーサーン朝時代とされる

   延べ9キロにも及ぶ峡谷内の順路は、メインとなる通路1本と9本のわき道がある

    大地の侵食や洪水によって形成されたジェンハー峡谷と内部の通路

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

タグ

コメント