2018年08月27日18時04分
  • 風力発電
    風力発電

テヘラン西方にあるガズウィーン州で、61.4メガワットの発電能力を持つイラン最大の風力発電所が操業を開始しました。

イルナー通信によりますと、ガズウィーンの風力発電所は、1年という期間で世界最新鋭の技術を利用し、8600万ユーロをかけて建設されています。

この発電所はそれぞれ3.4メガワットの18のタービンを有しています。

この風力発電所の建設の利点は、年間11万トンの温室効果ガスの排出および、2万2000台の自動車による排気ガスの汚染を阻止することとされています。

 

タグ

コメント