12月 09, 2019 23:00 Asia/Tokyo
  • 西部ハメダーン州のコルザーン橋
    西部ハメダーン州のコルザーン橋

今回は、イラン西部ハメダーン州にあるコルザーン橋を映像によりご紹介してまいりましょう。

 

ハメダーン州コルザーン村ではかつて、川により隔てられた村落どうしを結ぶ手段は、石やレンガで造られた道でした。このレンガ造りの橋は今からおよそ100年前に建設されました。

この橋は、その存在する村の名前をとって、コルザーン橋と命名されています。

コルザーン橋には、3つの礎がありますが、その大部分は現在は地中に埋まっています。この橋の特徴として、レンガで精巧にできていることが挙げられます。

この橋には、三日月形の4つの穴があり、ホッラムルード川の支流の1つがこの端の下を流れていま。

コルザーン橋は、全長21メートル、幅は5メートル強におよび、両岸の道につながる部分は砂利でできていて、通行する部分には石畳が敷かれています。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://www.youtube.com

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

 https://soundcloud.com/user-61496028

タグ

コメント