2月 25, 2021 21:00 Asia/Tokyo

ラーイェン城砦は、イラン南東部ケルマーン市からおよそ100キロ離れたラーイェン市内にあり、総面積は2万2000平方メートルに及びます。

この城砦は、この町の統治者が政務を行っていたとされる、より大きな城砦の間に存在する小規模の城砦だったとされています。この古い城砦の歴史は、サーサーン朝時代にさかのぼり、構造上ほかの城砦と同様に、一般市民の居住区と貴族階級の居住区とに分かれ、市場や家畜小屋、貴族の邸宅が並ぶ街区、一般市民の居住区、礼拝所などで構成されていました。

ラーイェン城砦の美しい景観
この城砦の歴史はサーサーン朝時代に遡る
ケルマーン市から南東100キロ、ヘザール山の裾野にあるラーイェン城砦
この城砦の入り口の扉の付近には、見張り番の部屋もある
城砦内の一般市民の居住区の一角
見張り番が監視に使用していたとされる孔
城砦内の様子
この城砦全体の建築にはレンガを使用
城砦の一部はこれまでの人的・自然的な要因により破壊.
この城砦には、現在まで何度も修復が施されている
ラーイェン城砦は同じケルマーン州内にあるバム城砦に酷似

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

 

タグ