2018年10月29日17時18分
  • 武術のイラン代表
    武術のイラン代表

武術のイラン代表が、散打で7個の金メダルと1個の銀メダルを獲得し、総合優勝しました。

イルナー通信によりますと、中国・杭州で27日土曜未明から行われた武術・散打ワールドカップは、イランの総合優勝により、28日日曜夕方、閉幕しました。

昨年のチャンピオンズカップのメダル獲得者が、今大会に出場しています。イランからは男子5人、女子3人が出場しました。

この中で、エラヘ・マンスーリヤーン、シャフルバーヌー・マンスーリヤーン姉妹、ファリーナーズ・ナズィーリー、モフセン・モハンマドセイフィ、ユースフ・サブリーといったイランの選手7人が金メダル、ハミードレザー・ゴリープール選手が銀メダルを獲得しました。

イランはこのメダル獲得数により、散打ワールドカップで初優勝しました。

また、中国が2位、ロシアが3位でした。

 

ラジオ日本語のフェイスブックやユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://www.facebook.com/ParsTodayJapanese

http://youtube.com/channel/UCXfX6KY7mZURIhUWKnKmrEQ

https://twitter.com/parstodayj

タグ

コメント