11月 01, 2018 15:50 Asia/Tokyo
  • イラン産原油
    イラン産原油

インドのプラダン石油大臣が、イラン産原油をインドルピー建てで輸入するとしました。

イルナー通信によりますと、プラダン石油大臣は31日水曜、ルピー建てによる貿易の再開に向けて、まもなくイランとの承認事項が署名され、これにより、インドはイランとの貿易にインドルピーを使うと発表しました。

この報道によりますと、この承認事項は議会では最終段階に入っており、おそらく数日後に可決される見通しです。

プラダン石油大臣はまた、イランとの文明、文化、歴史の共通性について触れ、「インドの経済的資源は、イランなどの近隣諸国と結びついており、インド政府はイラン産原油の輸入に包括的なアプローチを取る」と語りました。

インド中央銀行も、イランのパーサールガード銀行の海外支店をインドに設置することに合意しています。

インドのスワラージ外務大臣も、「インドはアメリカの対イラン石油制裁に従わない」としました。

アメリカ政府は、5月8日、核合意から離脱した後、11月4日までにイランの石油輸出をゼロにすると宣言しました。

この中で、アメリカ政府は世界各国に対して、対イラン経済制裁の一部として、イラン産原油の輸入を完全に停止するよう求めましたが、多くの国は、アメリカの要請に従わないとしました。

 

ラジオ日本語のフェイスブックやユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://www.facebook.com/ParsTodayJapanese

http://youtube.com/channel/UCXfX6KY7mZURIhUWKnKmrEQ

https://twitter.com/parstodayj

タグ