3月 14, 2021 23:40 Asia/Tokyo

イラン中部ヤズド州アルダカーン行政区には、アグダー村という6000年の歴史を誇る村が存在しています。

この村は、イスラム伝来前から存在し、ここには1100年の歴史を持つ市場や浴場、そして数多くの城砦や隊商宿、天然の風クーラーとも称される、バードギールと呼ばれる採風塔などがあることから、ヤズド州きっての魅力ある村の1つとなっています。

この村に見られる建物の旧来の建築様式は、ヤズド州の中心都市ヤズドの伝統的ま構造に類似しており、日干し煉瓦や泥でできた数多くの家屋が立ち並ぶいくつもの路地が、複雑に入り組んでいます。 

 アグダー村は、ヤズド州の歴史ある村、日干し煉瓦で構成された区域の1つ
アグダー村の秋の自然の美
大自然に囲まれた路地の風景は実に見事
独自の風俗習慣を有するアグダー村の村民
イスラム暦モハッラム月到来の10日前から、村民は独自の追悼行事に向けた準備を実施
旧式の採風塔の町アグダー村
旧式の村内構造が独特の雰囲気を生み出す
村内の路地裏の一界隈
村内の数ある城砦の中でも特に有名な「サーメアグダー城砦」
村内のホテル
毎年数多くの観光客が、このホテルに宿泊
村内のエコツーリズム用ホテルに宿泊すると、村内での生活体験が可能
村内のエコツーリズムホテルは300年の歴史を誇る
この村の手工芸品には、薄手のじゅうたんやカゴ、織物など
この村の重要な農産物の1つはザクロ
アグダー村産のザクロは、風味の点でイラン国内でも随一

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

 

タグ