2019年09月16日23時20分
  • 遺伝子組換え技術
    遺伝子組換え技術

1979年のイスラム革命後、イランが西アジア初の遺伝子組み換えによるクローン生体の作製に成功しました。

 

世界初の遺伝子組換え技術クローンひょうがえるは、1952年にアメリカで作製されました。また、1963年には1人の中国人研究者が魚のクローン作製に成功しています。

しかし、何といっても最も複雑な生物は哺乳類であり、遂に1996年にイギリスがクローン羊を作り出すことに成功しました。

西アジアで遺伝子組み換えによるクローン動物の作製を開始した初の国はイランであり、これに関する最大のライバル国はトルコでした。

しかし、2006年にイラン人研究者は西アジア史上初めて、哺乳類のクローン動物の作製に成功しています。

 

ラジオ日本語のフェイスブックやユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://www.facebook.com/ParsTodayJapanese

http://youtube.com/channel/UCXfX6KY7mZURIhUWKnKmrEQ

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

タグ

コメント