6月 13, 2021 00:56 Asia/Tokyo

イラン南東部ケルマーン州にあるルート砂漠の南西部に、ケシートという村が存在します。

ケシート村は、南西ではケルマーン州シャフダード行政区の、キャルートと呼ばれる一連の砂柱のある地帯に通じています。キャルートは、イランの不思議な観光名所1つとされています。

ケシート村は、イランでも類まれな地域の1つとされ、砂漠地帯に位置していることから、信じがたいほどの驚異的な光景を生み出しています。この地域は、気候の爽やかな谷、河川、ナツメヤシ林、美しい滝が存在します。

この村はまた、ルート砂漠に面した地域における、生物の生息可能な限界点となっており、その周辺は水や植物が一切存在しない地域となっています。 

上空から撮影したケシート村
ケシート村は、ケルマーン州内にあり、その南西部はルート砂漠の縁に位置している
砂漠の中心にある美しいナツメヤシ林
この村の近辺には、セルジューク朝に建設された城砦群があるが、震災で大きな被害を受けている
この地域の古い建物の存在から、この村の歴史はイスラム以前に遡るとされている
河川を辿ると、高さ12メートルの滝に突き当たる
この地にある湖は非常に深い
谷を形成する岸壁から出ている湧き水
この地域の自然の美は、多くの観光客を魅了
この村に横たわる谷は3キロほどに及び、コケ類に覆われ壁が美しさを増している
この地域全体にわたって、美しいナツメヤシの木立が存在する
この地域では、多種多様な植物が鬱蒼とした密林を形成
地元民は、この湖を「海」と呼んでいる
ケシート村は、ルート砂漠に最も接近した最後のオアシス

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

タグ