3月 28, 2019 16:33 Asia/Tokyo
  • 考古学発掘調査により3000年前の銀杯が出土
    考古学発掘調査により3000年前の銀杯が出土

イラン北西部で、考古学発掘調査により3000年前の銀杯が出土しました。

イルナー通信によりますと、イラン北西部アルデビール州の文化遺産・伝統工芸・観光局のファッラーヒー局長は、「今回、発見された銀杯は、 Manaians(Mannahs)文明に属するもので、当州での考古学発掘調査で出土した」と語りました。

しばらく前にも、同州のハルハールの古い墓地で、鉄器時代のものとされる140の遺物が出土しています。

 

ラジオ日本語のフェイスブックやユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://www.facebook.com/ParsTodayJapanese

http://youtube.com/channel/UCXfX6KY7mZURIhUWKnKmrEQ

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

タグ

コメント