10月 11, 2021 00:21 Asia/Tokyo
  • 中部ヤズド州メイボドにある鳩巣塔
    中部ヤズド州メイボドにある鳩巣塔

イラン中部ヤズド州メイボド市には、キャブータルハーネと呼ばれる鳩巣塔があります。

この塔はおよそ400年の歴史があり、野生の鳩を保護する場所として建てられました。そこで収集される鳩たちの糞も肥料として農業用に使われていたのです。

円筒形のこの塔の高さはおよそ8メートル、ここには渡り鳥がねぐらとするための4000の巣穴が設けられています。

また、この塔には6角形のドームがあり、その周囲には石灰による装飾が施されています。

さらに、この塔の屋上には1.5メートルほどの長さの4つの柱があり、またそれぞれの巣穴の入り口の直径は、鳩が入るのに適した大きさとなっています。

 

 

メイボドの鳩巣塔

 

イラン国内の鳩巣塔は、特に中部イスファハーン州とヤズド州に集中

 

 メイボドには、最も美しい鳩巣塔の1つが存在する

 

この塔は、鳩にとって安全な住処となるよう設計されている

 

この塔は、鳩が冬には暖かく、また夏には涼しくすごせるよう設計されている

 

塔内は安全で過ごしやすく、およそ2万5000羽の鳩が集まることもあった

 

この塔は、鳩をあらゆる敵から守る城砦のように強固なものだった

 

この塔のそのほかの特色は、壁周辺に施された石灰や、独自の浮き彫りの施されたドームなどが挙げられる

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

タグ