May 13, 2019 15:12 Asia/Tokyo
  • アシュタリー司令官
    アシュタリー司令官

イラン警察のアシュタリー司令官が、「アメリカ軍がアフガニスタンに駐留して以来、同国での麻薬生産が50倍に増加した」と述べました。

アシュタリー司令官は12日日曜、「この40年間、イランは麻薬対策において4000人以上の殉教者を出している。国際機関は、麻薬対策におけるイランの状況をより深く理解する必要がある」と語りました。

ケシの栽培地を巡回する米軍兵士

また、「この3ヶ月間、昨年の同じ時期に比べ、イランでの麻薬の摘発は10%増えている」としています。

 

ラジオ日本語のフェイスブックやユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://www.facebook.com/ParsTodayJapanese

http://youtube.com/channel/UCXfX6KY7mZURIhUWKnKmrEQ

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

タグ