2019年06月17日23時01分
  • バーゲリー議長
    バーゲリー議長

イラン統合参謀本部のバーゲリー議長は17日月曜、オマーン海で先週起きたタンカー攻撃への関与を否定した上で、「イランが海峡封鎖を決断すれば、公然とそれを実行する」と表明しました。

ファールス通信が伝えたところによりますと、バーゲリー議長は17日、「イランがホルモズ海峡を通過する石油輸出の阻止を決断すれば、徹底的かつ公然と行うだけの十分な軍事力がある」と述べ、タンカー攻撃への関与を強く否定しました。

今月13日、オマーン海を航行中のタンカー2隻から出火、乗組員が救助を求める事態が発生しました。

事件直後、イランの港湾航行機関の救助部隊は2隻の船の乗組員の救助に向かい、イラン南部のジャースク港に移送しました。

アメリカは何の証拠も提示することなく、即座にイランがこの事件に関与していると断定しました。

 

ラジオ日本語のフェイスブックやユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://www.facebook.com/ParsTodayJapanese

http://youtube.com

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

タグ

コメント