7月 02, 2019 21:17 Asia/Tokyo
  • シールヴァーン渓谷
    シールヴァーン渓谷

イラン北西部アルデビール州には、シールヴァーン渓谷という景勝地が存在しています。

サバラーン山脈内に位置しているこの渓谷は、適切なアクセスルートがなく、人的開発の手が及んでおらず、イランで11番目の野生動物の生息地とされています。

この自然公園は中東第2のジオパークとされ、ユネスコへの登録を目指して手続きが進められています。この地域には、ほかには見られない独自の多様な動植物が生息しています。

シールヴァーン渓谷

 

この渓谷は標高2200m、総面積は75km2とされている

 

シールヴァーン渓谷

 

ここには、年中多数の自然散策客が訪れる

 

岩の割れ目が多数存在することから、この地域は独自の景観を生み出している

 


この地域を形成する大岩は、さながら天然の彫刻のよう

 

この地域は、東アフリカのマダガスカル島や、トルコ・カッパドキアの岩山地帯と非常によく似ている

 

シールヴァーン渓谷

 

シールヴァーン渓谷

 

ラジオ日本語のフェイスブックやユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://www.facebook.com/ParsTodayJapanese

http://youtube.com/channel/UCXfX6KY7mZURIhUWKnKmrEQ

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

タグ

コメント