2019年08月28日19時28分
  • バーゲリー議長
    バーゲリー議長

イラン統合参謀本部のバーゲリー議長が、様々な分野におけるイランの発展に触れ、「アメリカは、イラン国民の力や抵抗に屈服している」としました。

バーゲリー議長は28日水曜、テヘランで、「イラン国民は戦争の勃発を許さない」と語りました。

また、「イランは多くの困難にも拘わらず、ヌスラ戦線やISISといったテロ組織に勝利した」と強調しました。

バーゲリー議長はさらに、サウジアラビア主導アラブ連合軍のイエメン攻撃に触れ、「サウジアラビアがイエメンを攻撃してきた当初、同国民は自らを防衛する兵器を持たなかった。しかし、イランイスラム革命に倣い、現在ではミサイルや対空防衛システムを製造する国となっている」と述べました。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://www.youtube.com/channel/UCXfX6KY7mZURIhUWKnKmrEQ

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

 https://soundcloud.com/user-614960283 

タグ

コメント