2019年09月17日16時00分
  • ヘンマティー総裁
    ヘンマティー総裁

イラン中央銀行のヘンマティー総裁が、イランとロシアが国際送金ネットワークSWIFTを必要としない銀行間関係を樹立することを明らかにしました。

ヘンマティー総裁は16日月曜、「イランとロシアの銀行上の関係は、SWIFTなしに両国独自の送金システムによって樹立されている」と語りました。

また、ユーラシア経済連合へのイランの加盟に触れ、「ユーラシア経済連合の加盟国によるこの送金システムの利用は、同連合内の取引の拡大を促すことが可能となる」と述べました。

また、「トルコ・アンカラで実施されたイランのローハーニー大統領とロシアのプーチン大統領の会談で、両者はアメリカの政策により、世界の経済関係における米ドルの役割が薄れることを指摘し、イランとロシアの間の両国の通貨による取引を強調した」としています。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://www.youtube.com/channel/UCXfX6KY7mZURIhUWKnKmrEQ

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

 https://soundcloud.com/user-614960283 

タグ

コメント