2019年09月18日20時08分
  • イランイスラム革命最高指導者ハーメネイー師
    イランイスラム革命最高指導者ハーメネイー師

イランイスラム革命最高指導者のハーメネイー師が、「シーア派3代目イマームホサインの殉教40日忌“アルバイン”の行進は日々国際化している」とし、「イマームホサインの信条やメッセージは、世界を不信人者や覇権主義者の支配から救うだろう」と語りました。

ハーメネイー師は18日水曜テヘランで、イラクの聖地カルバラーでアルバインの行進の参加者をもてなした人々を表彰する式典において、アルバインの行進について、国際的かつ他に例のない現象であり、イスラムの新興文明の結成やイマームホサインの英知を伝播する下地になりうるとし、「イマームホサインは、シーア派・スンニー派を含むイスラム教徒だけのものではない。全人類のものである。だからこそ非イスラム教徒もアルバインの行進に参加しているのだ」と述べました。

また、「西アジア・北アフリカの無数のイスラム諸国民の可能性が互いに結ばれ、行動で示されたなら、その時、全人類にとってイスラムという偉大な文明の現実的な意味が明らかになるだろう」と語りかけました。

ハーメネイー師は、イランとイラクの2つの国民の心は互いに結ばれているとし、「敵はこの2国民の間に不和分裂を起こそうと企んでいる。だが、神の恩寵によりこれは阻止され、今後も不可能であろう。なぜなら、イラン・イラクの両国民を結び付ける主たる要素は崇高なる神への信仰心とイマームホサインへの敬慕の念であるからだ」と語りました。

そして、過去40年間、米国とその手先がイランに制裁を課し陰謀を企ててきたことに言及し、「これほどの陰謀にもかかわらず、イランは小さな苗木からいまや大樹に成長し、その果実は日々増えつつある」と述べました。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://www.youtube.com/channel/UCXfX6KY7mZURIhUWKnKmrEQ

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

 https://soundcloud.com/user-614960283 

タグ

コメント