10月 13, 2019 21:11 Asia/Tokyo
  • イランのガス田
    イランのガス田

イラン国営石油会社が、同国南部シーラーズで、エラムという名の新たなガス田が発見されたことを明らかにしました。

イラン国営石油会社のデフガーン副社長は13日日曜、エラムガス田発見を公表する式典において、「このガス田の掘削作業は、2018年8月開始され、沈殿層を通過し、深さ4632メートルに達して完了した」と述べました。

また、このガス田に存在するガスの量は19兆立方フィートと推測されており、この13兆立方フィートが採掘可能であり、この量は、南パールガス田の第1フェーズでの40年分のガス採掘量と同量である」と語りました。

さらに、このガス田による収入は400億ドルになるとし、「イランは、石油埋蔵量の面で世界4位、ガス埋蔵量の面で2位となっている」と述べました。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://www.youtube.com/channel/UCXfX6KY7mZURIhUWKnKmrEQ

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

 https://soundcloud.com/user-614960283 

タグ

コメント